〜前回までのあらすじ〜

IMG_0656

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「インセプションデッキ・・・?なにそれえええええ!!」

前回を読まれていない方はこちらからチェック!

「入社一年目の新人がプロダクトオーナーをまかされてみた」 

 

 

こんにちは田中です。

東京では干物暮らしをしていた私でしたが

沖縄に来てからというもの

ここ最近は毎週のように合コンに誘われており、

合コンマスターへの道を歩み始めました。

成果0ですけど。

 

というわけで今回は

アジャイル開発で用いられるツールとして考案されたインセプションデッキを使って要件定義を行うことにしました。

 

インセプションデッキとは、

プロジェクト全体像(目的、背景、優先順位、方向性)を端的にまとめて、

分かりやすくつたえるためのドキュメント

のことです。

 

インセプションデッキは以下の項目で構成されます。

  1. あなたはなぜここにいるのか
  2. エレベータピッチ
  3. プロダクトボックス
  4. やらないことリスト
  5. あなたのプロジェクトコミュティ
  6. テクニカルソリューション
  7. 夜も眠れないこと
  8. Aチーム
  9. どれくらい大きいか
  10. トレードオフスライド
  11. 最初のリリース

 

今回は上から順番で進めて行くことにしました。

これだけみても訳分かんないですね。

 

実際の要件定義の場面をお見せしたいのですが、

本社にバレると沖縄の海に沈められた後に

海女さんとしての能力を開花させて サザエとり名人になりかねないので、

 

今回は仮に

「巨乳レポーティングアプリ」

を開発するとして進めます。

 

今週は上の三つ、

  1. あなたはなぜここいいるのか
  2. エレベーターピッチ
  3. プロダクトボックス

について下記からご説明します。

 

 

1.あなたはなぜここにいるのか

 

下記、実際使用したインセプションデッキの画像になりますが、

チームで話し合いをしながら、項目を埋めていきます。

agile2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここではなぜこの製品を開発するのか?製品をつくる目的はなにか?

について話し合います。

 

【進行方法】

①ポストイットに制限時間3分でできるだけ思いつく目的を書いていきます。

※人ごとにポストイットの色を分けます

※こうすることで意見を出すのが苦手な人の意見も汲み取ることができます。

※否定はしないようにしましょう

②3分すぎたら、声に出して発表しながら、ホワイトボードに貼っていきます。

IMG_0615

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tanaka17

 

 

 

 

 

 

 

 

③貼り終わったら相関関係をみながらジャンル分けして行きます。

IMG_0617

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④でた意見を元に一番大事な目的(製品のゴール)を決めます。

※一番大事な目的は色をかえてポストイットにかくといいかもです。

 

tanaka16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、「巨乳になるため」が最大の目的となりました。

 



2.エレベータピッチ

 

agile

 

 

 

 

 

 

エレベーターピッチとは、

シリコンバレーで使われる製品の説明を短くまとめた文章のことで、

 

エレベータでセールスマンが取引先の偉い人にあったときに

エレベータがつくまでの30秒間で自社の製品を説明することを想定して上記項目を埋めます。

 

画像の文章の「」内に埋めれば大体の製品の概要となります。

 

どのようなことを埋めるかは上から

・大きな目的(「あなたはなぜここにいるのか」でやった最終的な目的をいれる)

・最終的に誰のためのツールか

※複数いる場合は顧客毎に分けてもいいかもしれないです。

・お客さんが導入しやすい理由

・有名なツール 、競合

・差別化できるポイント

を考えて埋めましょう。

 

これはチームで話しながら埋めてもいいですし、 先ほどみたいに時間とってふせんで意見をあげても良いです。

今回はこんな感じになりました。

 

エレベーターピッチ

 

 

 

 

 

 

 

 

エレベーターピッチが完成したら、

本当に30秒で読めるか実際に測って確かめてみてください。

※早口言葉にならないように!

 

IMG_0659

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私は23秒ちょいでした。

セーフ!!

 

 

3.プロダクトボックス

agile3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロダクトボックスでは製品の広告を決めます。

 

上の「楽しい絵」には製品をリリースすることによってお客さんが成功体験を得たときの絵をいれます。

携帯とかでとった写真でもいいですし、良さげな画像をネットからとってきてもいいです。

その絵になった理由を下に書きます。 この項目は「あなたはなぜここにいるのか」ででた意見と一致します。

 

これの真の目的は プロジェクトを顧客の観点から見つめることになります。

しっかりまじめに考えましょう。

 

ちなみに実際にやった要件定義では30代のおにいさん二人に体張ってもらいました。

おっさんたち。

 

ピアラの先輩方はノリがよくて素敵です。

どんなユーザ体験が得られているかは想像におまかせします

 

 

そして、今回はこうなりました。

プロダクトボックス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがお手本ですね。

巨乳になったエンドユーザーの顔はこうなるに違いありません。

tanaka18

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、来週は

 

  1. やらないことリスト 
  2. あなたのプロジェクトコミュティ 
  3. テクニカルソリューション
  4. 夜も眠れないこと

 

について説明したいと思います。

 

今回のインセプションデッキは下記の「アジャイルサムライ」に詳しく説明されているので

興味があったら見てみてください。

 アジャイルサムライ

 

それでは、よい週末をお過ごしください。

私は今週も合コンという名の狩りにいってきます 。