最近巷で流行りの「DIY」ってやつに憧れを抱いている土田です。ミーハーです。

同期の田中氏に話すと彼女はすでに手を出していました。

土田「田中氏もミーハーだねーもうDIYに手をだしたのね」

田中氏「流行りにすぐ波乗りよ。」

土田「んじゃーブログにミーハーコーナー作ろうよ」

ってノリで・・

さっそく形から・・ということでシリーズ名を考えてみました。

まず、だだーーっと案を書き出し。案を印刷、くじ引き作成。

IMG_2668

2個ずつ引いてみて組み合わせてみる。

土田「んーーー敏感女子なんか気に入った敏感ってなんかよくない・・・??」

田中氏「アンテナ乙女がいーなー。」

IMG_2642

土田「この2つを合わせて『敏感乙女』どうよ!!」

これだーーーー!!

 

田中氏「いいね!でも検索したら大人の検索結果になったからピアラボのlabを最後につけよう!」

 

タイトル決まりました。タイトル決まりました。

流行に”敏感”な”乙女”で『敏感乙女Lab」。

今後も不定期で更新していきます・・・!!!

 

さっそく1回目は〜〜〜ほしかったけど・・なかなか買えなった・・

キャンドルに挑戦!!まさかこんなに簡単に作れるとは驚きでした!

 

キャンドルの作り方

 

DSC02822

材料(すべて100円ショップで購入可能!)

(1)・・プラスチック容器(ドリンク容器とか貯金箱などなど使えるかもしれません)

※牛乳パックでも可能!(四角いキャンドルができちゃいます!)

(2)・・ローソク(仏壇用の白いローソクで大きさは小さいのが切らなくていいのでオススメです!)

(3)・・お鍋(ご飯で使用しているものは使用は控えるのがいいと思います・・!)

(4)・・ドライフラワー(香り付けと飾り用)

(5)・・紙コップ(固める前にローソクをいれておけます)

(6)・・アロマオイル(こちらアロマキャンドルになれれば・・!と購入)

(7)・・クレヨン

–その他は家にあったもの—

(8)・・ステンレストレー

(9)・・割り箸

(10)・・ガムテープ

(11)・・包丁

(12)・・油

(ざらっと材料を並べてみたら結構多いです)

 作り方

(1)鍋に、ローソクとクレヨンを入れます。火は弱火でこげないように溶かしていきます。

DSC02829

(2)溶けたら、ロウソクにはいっていた芯(糸)をお箸ですべて取りぞきます。

溶かす前に、芯を取ってたら、かなり時間がかかります・・・・orz

DSC02836

(3)芯を取り除いたら、油を塗ったトレーに流しこみます。(油で塗ると外しやすくなります)

固まる手前(硬いゼリーぐらい)になったら包丁で小さく切っていきます。

※汚れるので新聞紙を敷いたら片付けが楽になります★

DSC02830

(5)切ったものを紙コップにいれて保管します

(1)〜(4)を繰り返しに行い色んな色を作っていきましょー!

DSC02837

(6)素材の準備ができたら容器をつくっていきます。

容器の中を油で塗ります。(トレー同様、油を塗っておくとキャンドルが外しやすくなります)

容器の下に穴を空けキャンドルの芯となる紐糸を通します。

※穴は包丁を火で温めて刺すと簡単に空いちゃいますw

DSC02828

(7)穴から液がこぼれないようにしっかりとガムテープで押さえます。

DSC02832

(8)キャンドルから紐糸がはみ出ないように真ん中にしぴんと伸ばしお箸で固定します。

DSC02840

(9)固めたローソクをいれ、鍋で温めた色を塗っていないローソクを流し込みます。

完全に固まる前に次の色を入れていきます。

DSC02845

(10)そして固まるまでまちます。(一晩放置しました。)

固まったら、芯を引っ張りながらキャンドルを容器から外していきます・・!

そして出来上がったキャンドルがコチラっ!!!

IMG_2665

初めて作ってみたのですが・・

最初は固まる前に次の色を入れてしまったため

想像していたグラデーションにはならなかったのですが、

こげたり、くずれたりの失敗はなかったです!

【参考サイト様】(ありがとうございました☆)

http://tedukuricandle.web.fc2.com/handmadecandle/Home.html

http://shoptresor.exblog.jp/19571359/

http://ameblo.jp/guruguru029029/entry-11500513841.html

http://setuyakubiyori.setuyakuclub.itigo.jp/?eid=61

 

次回予告

田中氏がな、なんと・・ギシギシならないあれを・・!あれを!あれで・・・!!来月楽しみにしててください!