こんにちは。田中です。

bin_vol3_9

突然ですが5月末〜6月といえば梅の季節ですね。

梅酒を漬け始めて3年目となる田中ですが、今年はもっと手を広げて、

  • 梅酒
  • 梅シロップ
  • しそジュース
  • 梅醤油

を仕込みました。

が、梅シロップは失敗しました。

 bin_vol3_15

見た事ないタイプのカビに出会いました。

梅シロップは、梅酒と違ってお酒をいれないので、梅が空気にさらされてしまい、
そこからカビが繁殖したようです。
いや、でも、本に冷暗所で常温保存できるってかいてあった・・・

ん?冷暗所?

あ、沖縄にそんな場所なかったわ。

bin_vol3_16

沖縄で梅シロップを作る時は冷蔵庫必須!!!

bin_vol3_17

沖縄の家庭に冷暗所なんてないことを心得よ!

 気をつけなはれや!!

ちなみに今年の梅酒は去年試しに完熟梅で漬けたら味がまったりして美味しかったので
今年はもっと増やして2kgの完熟の南高梅を注文し、ブランデーベースとウイスキーベースの2種類作ってます。

左から、梅酒(ブランデー)、梅酒(ウィスキー)、紫蘇ジュース×2、梅醤油

bin_vol3_14

半年後が楽しみですね。

あとらっきょうも島らっきょうで漬け始めました。(師は須藤さん)


さてさて!

前置きが長くなりましたが、
前回の敏感乙女ラボvol.2ではベッドを作らせていただきました。

diy13

結構反応がよく田中満足です。

まだ見てない方はコチラから!

前回の記事でベッドがとても大きくなり、快適なゴロゴロ生活を送れるようになりました。
もはやほぼベッドの部屋にいます。

しかし、お気づきでしょうか・・・?
ベッドをDIYしただけだと、結局私にとって家は寝るだけの場所なんですよ!!!

より一層寝るだけの場所になってるんですよ!!

そこで世のお洒落ピーポーを常日頃から研究している私はある共通点を見つけたのです。。

  • お洒落なガラスのピッチャーを持っている。(そして自家製フレーバーウォーターを作っている)
  • 食器が白くて作り手が有名な人のを持っている
  • 鍋はSTAUBを1つは所持。
  • 長く持っていると味がでるものが好き
  • 漬け物してる(梅酒・ぬか漬け・ピクルス・らっきょうなどなど)
  • コーヒーは豆から引く美学
  • カッティングボードをお皿にして生ハム食べてる。

上記から分かるようにキッチン用品に並々ならぬ拘りがある人が多いです。
そしてこんな人たちは総じて食器棚がかわいい!!

導きだされる答えは、、、

食器棚がお洒落=お洒落ピーポー

そんなわけで

今回は食器棚を作ります!!!

材料はコチラ。

  • 木材保護塗料(水性アウトドアステイン)(vol.2の残りで塗りました)
  • ディアウォール×3 4200円(1セット1400円程度)
  • ホワイトウッド材1×8(12フィート)×3本 2250円(1本1580 円)※棚板用
  • ホワイトウッド材2×4(12フィート)×2本(1本1280円)※柱用
  • L字金具(スガツネウォールシステム棚受)×8 (1個398円)
  • 棚柱(スガツネウォールシステム棚柱)×2(1本1250円)

今回も現状回帰の為にディアウォール先輩とメイクマンを駆使しております。

下準備として、好きな色に木材を塗っておきましょう。

作り方は下記。

  1. 柱を3本立てる
  2. 柱にアジャスタを付ける
  3. 棚板にL字を付けて棚を取り付ける

の今回も簡単3ステップ!!


1.柱を3本立てる

今回もディアウォールが大活躍です。

ディアウォールの使い方は前回記事からどうぞ。

賃貸なので傷つかないようにカウンターには100均で買ったレンガシートを貼ってます。

bin_vol3_1

2.柱に棚柱を付ける

棚柱は柱にする前に付けちゃっても大丈夫です。

柱を立ててから付ける時は下に本を何冊か重ねて、固定してから付けると楽ですよー!

棚の位置が決まっているのであれば、棚柱なしでも全く問題ないです。

bin_vol3_2
bin_vol3_3

③棚板にL字金具を付けて棚を取り付ける
ちなみに、棚板にL字金具を取り付ける時は、

「棚柱と幅がちがーう!!」
なんて事にならないように、先にL字金具を棚柱に取り付けて、その上に板を置きねじで止めました。

これでズレる心配もなし!!
ただ、ちょっとねじ止めがやりにくいけど!!

bin_vol3_6

コチラを盛りつけるとー・・・?

どーん。

 bin_vol3_11

完成です。

なかなかお洒落になったのではないでしょうか。

bin_vol3_12

サイドも有孔ボードをタッカー(でかいホッチキス)とめて色々ぶら下げています。

bin_vol3_13

横から見るとこんな感じです。

・・・あ、気づいちゃいました?

そうなんです。この手前にある白いお皿達・・・!

bin_vol3_18

めっちゃ、いい感じでしょう・・・!!!!

私自身も、白いやちむん集めにやたらハマっておりまして、
そもそも食器棚を作りたいと思ったのも、この白いやちむんを飾りたかったからというのもあり、、

※やちむん・・・沖縄の方言で焼き物のこと。

今はまだごちゃごちゃしてますが、
やちむんだらけの食器棚にしたいなーと思っております!!

窯元さんは

・山口陶工房
・粕谷修朗氏

あたりがツボです。

粕谷さんは東京でも売ってるお店あると思いますので

ご興味あれば調べてみてくださいー!

ではではー!