あるお昼時

 

DSC01029

 

須藤・田中「「いっただっきまーす!」」

 

DSC01033

 

須藤「わーい!!三丁目の島そば屋さんめっちゃ美味しいんだよね!」

 

DSC01039

 

田中「このコシを出す為にとりわけ固くした麺・・・すばらしい・・・」

 

DSC01042

 

須藤・田中「「ごちそうさまでしたー!!」」

 

須藤「ところで田中さん」

 

田中「どうしたんですか?」

 

須藤「最近気づいてしまったんだ。開発会社なのにSEがいない事に

えー!!

田中「な、何ですってーーーー!!!!!」

 

田中「そ、そういえば弊社開発会社なのに開発する人がいない!!ラボなのに何も研究してない!!」

 

DSC01019

 

須藤「くッ・・・なんということだ。この会社はもう1ヶ月ものうのうと二人でやってきたというのか」

 

田中「くッ・・・めっちゃ美味しいソーキそばばっか食べてる場合じゃなかったですね」

 

田中「どうしましょう、このままじゃただの沖縄人になりたかった人ですよ!!」

 

須藤「田中さん・・・・聞いた事があるかい?」

 

田中「なんですか?」

sudo

 

 

須藤「システムを司る魔法使いのことだよ。」

 

 

田中「あ、システムエンジニアのことですね。」

 

須藤「うん。沖縄にベギラ○ンとかJAVAとかギ○ディンとか使えるエンジニアさんがいるとのことだ。」

 

田中「途中テキトーに付け足したでしょいま。」田中「あ、Google Cloud Platform使って開発してるからって、雲から落ちてくる魔法だわ 」

 

須藤「やつは好きらしいぜ、新しい技術(もの)。」

 

tanaka

 

 

 

田中「でも沖縄が島だといっても広いですよ、どーやって探すんですか!?」

 

blog1

 

須藤「なんでも、あの山の上に展望台があるらしいんだ」

 

田中「あ、あれですね!!」

 

DSC00967

 

須藤「あそこから探せばいいんじゃない?」

 

田中「えっ」

 

須藤「めっちゃ一望できるし」

 

田中「適当ですか?」

 

須藤「うん」

 

yossha2

 

 

 

 

 

須藤「そうと決まれば善は急げ!早速あの山を目指すよ田中さん!!」

 

 

田中「はい!!」

 

 

****************************************************

 

 

一方その頃、海では。

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

 

謎の男「PIALab.では人がまだ少ないから、ご飯もよく一緒に食べにいく。すぐに皆仲良くなれるはずだ」

 

 

DSC01249

 

 

謎の男「・・・・」

 

 

***********************************************************

 

田中「す、すごい階段ですね・・・・」

DSC01044

 

田中「ここを上れば、沖縄を一望できるんですね」

 

須藤「そうだよ。ただここはとんでもなくきつい階段で選ばれた者にしか上れないんだ」

 

DSC01045

 

須藤「でも進むしかないんだよ、田中さん」

 

田中「ここを上らないとSEにはあえないんですね・・・頑張ります!!」

 

DSC01058

 

 

田中「うおおおおおおお!!!」

 

DSC01063

 

DSC01065

 

田中「ファイトオオオオーーーーー!!」

 

須藤「いっぱあああああああああつ!!」

 

DSC01068

 

「「あっ。」」

 

DSC01079

田中「うおおおおおおおおおおお!!!」

田中「まだですかー!!!まだみえないんですか、展望台は!!」

 

須藤「ついたよー」
DSC01085

 

田中「はあ、はあ。こ、これが展望台」

 

須藤「いきますよー」

 

田中「須藤さん体力お化け」

 

DSC01092

 

DSC01093

 

 

謎の男「社会保険完備。福利厚生もあって有給もとりやすい会社だ

 

**********************************************************

 

DSC01095

 

田中「わあああああああ!!」

 

DSC01119

 

田中「沖縄の景色めっちゃきれいー!!」

 

須藤「こんなにきれいな景色、沖縄じゃないとなかなかみれないよね」

 

田中「そうですよね、オフィスも海に近いし、ちょっと疲れたら窓から海見てますもん私。」

田中「で、来たのはいいですが、一体どうやってみつけるんですか」

 

須藤「・・・・」

 

DSC01127

 

田中「須藤さん」

 

須藤「・・・」

 

田中「須藤さんただ景色見たかっただけでしょ」

 

田中「仕事したくなかっただけでしょ」

 

須藤「あっ」

 

田中「どうしたんですか?(逃げた・・・!)」

 

DSC01114

 

須藤「いた」

 

田中「みえるんですか!?!?」

 

須藤「海にいるよ」

 

田中「マサイ族並みの目してますね」

 

須藤「・・・」

 

田中「・・・海に行きたいだけとかじゃないですよね」

 

須藤「チガウヨ」

 

DSC01144

 

DSC01145

 

謎の男「オフィスはフリーアドレス制でホワイトボードも沢山」

謎の男「お絵描きし放題だ!!!!!!!!」

***********************************************************

 

DSC01168

 

田中「海についたのはいいのですが・・・」

 

DSC01164

 

田中「なにしてんすか、須藤さん。なんすかこれ。」

 

須藤「SE」

 

田中「あーさらさらコード書いてくれそう、砂だけに

 

田中「SE耳のようなのものついてますけど。」
田中「弊社はSEにそんな趣味があっても全然気にしないですけど」

 

DSC01181

 

田中「・・・・」
須藤「・・・・」

inai

 

田中「あーあ、これからどうしようかな」

 

田中「SEいないと何にも開発できないよ・・・」

 

田中「楽しい事をもっとやりたいのになー」

 

田中「26〜35歳の年齢で」
田中「業界歴は3年以上の経歴をもった素敵な魔法使いいないかなー

 

謎の男「呼んだかな?」

 

DSC01191

 

 

「!?!?!?!?」

 

 

tainew4

 

須藤「あ、あなたはもしかして・・・・!? 」

 

tainew7

 

須藤・田中「「システムを司る魔法使い!?!?!?」」

 

 

 

 

名称未設定 1

 

須藤「実力も人柄もコードを見れば分かるってもんだ!!」

 

 

須藤「さあ、少しコードを書いてみてくれ!その持て余してる魔法をみせてくれ!!!!」

 

tai8

 

 

謎の男「え?コード?何それ、知らない。」

 

 

 DSC01173

 

 

田中「なんだったの。あの斬新な通りすがりの人・・・」

 

 

 

DSC01197

 

田中「須藤さん?どこにいくんですか?」

 

 

 DSC01204

 

 

 

 

田中「須藤さん!?」

 

 

田中「まさかがっかりしすぎて海へ!?」

 

DSC01213

 

田中「す、すどうさあああああああん!!!!」

 

 

田中「まだ、まだきっと手はありますよ!!!!」
田中「あきらめないで!!!!」

 

DSC01229

 

田中「あ、もどってきた。」

 

*********************************************************************
DSC01280

 

須藤「普通に募集しよっか」

 

田中「そうですね」

 

DSC01264

 

株式会社PIALab.では、システムエンジニアを探しています。

 

私たちと一緒に開発してみたいと思った方がいらっしゃいましたら、

 

弊社WEBページから採用ページをご覧頂き、ご応募ください。

 

 

採用ページはこちら
http://pialab.co.jp/recruit

 

今回快くブログにのせる事を許可頂いた

「三丁目のおそば屋さん」のHPは見つからなかったのですが

ぜひこちらを参考にいってみてください!

http://www.onb.jp/soba/shop/santyoumenosimasobaya/