こんにちは、広報兼WEBディレクターの田中です。

お昼は公園でサンドイッチ食べました。遊具楽しいです。

dairoku1

 

というわけで今週もインセプションデッキ頑張りましょう。

 

今までの記事はこちらです。

入社1年目の新人がプロダクトオーナーをまかされてみた(第1回)

入社1年目の新人がプロダクトオーナーをまかされてみた(第2回)

入社1年目の新人がプロダクトオーナーをまかされてみた(第3回)

入社1年目の新人がプロダクトオーナーをまかされてみた(第4回)

入社1年目の新人がプロダクトオーナーをまかされてみた(第5回)

 

というわけで本日は下記赤字部分

  • あなたはなぜここにいるのか
  • エレベーターピッチ
  • プロダクトボックス
  • やらない事リスト
  • あなたのプロジェクトコミュニティ
  • テクニカルソリューション
  • 夜も眠れない事
  • Aチーム
  • どれくらい大きいか
  • リリース
  • トレードオフスライダー
  • 最初のリリース

 

 

夜も眠れない事についてご説明します。
dairoku12

やっと半分まできましたね!!

 

 

 

 

皆さんの、夜も眠れないくらい怖いことってなんですか??

 

私の最近の夜も眠れないエピソードといえば

GEOの古本屋さんコーナーでこんなの見つけたことです。

dairoku4

浩太郎ーーーーーーーー!!!!!

愛の手紙がGEOの古本コーナーの本に挟まって売られてました。

しかもお気づきでしょうか・・・・

 

 

この漫画、

君に届け

っていうアニメ化もドラマ化もしてる超純愛漫画なんです。

 

 

ちなみに挟んであったページは

超モテチャラの男の子(ケント)が女の子と付き合うための極意を伝授しているときに、

素直になれない系ギャル(あやね)が他の女の子とは違う特別な女の子である事、好きな女の子にはチャラいことは言えないとアピールするギャップ好きにはたまらないときめきシーンであります。

 

君に届かなかった手紙に何があってGEOの古本屋で売られていたのかを考えると夜も眠れませんでした。(興奮)

これがGEOでさらされているとは恐ろしい。。。

 

 

というわけで、

プロジェクトで起きる問題の中には、考える事すら恐ろしい物があります。

「夜も眠れないこと」では、あえてそうした心配事(リスク)について話し合います。

どうすれば最悪の事態が避けられるのか、被害を最小限に食い止める方法はあるのか、

心配事が顕在化する条件をはっきりさせておく事で、最悪の事態にならないためのリスクヘッジとなります。

 

 

 

方法

 

    1. 3分ほど時間をとって、ポストイットに書けるだけの「夜も眠れないこと」を書き出していきます。
      dairoku9
      田中「うーん夜も眠れない事、夜も眠れない事・・・!!」dairoku11

      田中「駄目だ、寝付きよすぎてあんまり抱いた事がない悩みだ!!!!」
      田中「須藤さん、なんか「夜も眠れないこと」ってありますかねえ・・・」

      dairoku5

      須藤「僕不眠症だから夜眠れない」

      daroku9

      田中「(夜眠れない方だった・・・・!!!)」

       

       

    2. 3分後、発表しながらホワイトボードにポストイットを貼って行きます。
      dairoku8
      dairoku6

      こんな感じになりました。

    3. ポストイットの内容を整理します。
      「人為・外部要因」「オペレーション・UI要因」「技術要因」など少しジャンル分けをしておくと分かりやすいです。
      dairoku3
    4. 意見としてあがった「夜も眠れない事」それぞれのリスクヘッジを考えます。
      資料にまとめておくと良いですね。
      ※資料としてまとめるのはインセプションデッキが終わったあとでOKです。


例えばこれ。

dairoku10


これキツいですねーーー。

楽しそうだからという軽い気持ちで巨乳アプリをテーマにしてるので
現実を見せられた感ありますね。
田中乳は沖縄にきたら膨れたんですけどね。

dairoku7

「当人の努力次第です。」

と言いたくなりますが、

そうもいかないのでこのリスクヘッジを考えてみました。

 

「胸ってそう簡単に大きくなるの?」と聞かれないために、
広告や、アプリの初動で

  • まず「胸は簡単に大きくならないこと」を伝える。
  • ダイエットと同じで長期的な時間がかかるため、途中で挫折する人が多いことをアピールする。
  • 巨乳になるためのアプリではなく、巨乳になりたいと考えている人を最大限にバックアップし継続的な豊胸活動をしてもらえるような機能を携えたアプリが、「巨乳アプリ」だということを周知する

以上がリスクヘッジにつながると考えています。

 

これは少し長くなりましたが、もう少しシンプルにいうと、
「広告やアプリの初動などで胸は簡単に大きくならないことを周知する機会をもつ
となります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

このようにプロジェクトを行う上で、どうしても不備の事件が起こります。

この危険を事前にできるだけ想定しているだけで

対処の仕方や、その問題が起きないようにすることができます。

 

そのためにも「この夜も眠れないほど不安な事」を考えておく事が大事なんだと思います。

 

 

今日は快眠できそうですね!

来週も頑張りましょう!!