みなさん、こんにちは
ここ数年起きる時間と寝る時間が早まっていて
このまま年を取ったらどうなるのかと恐々としている川上です
ちなみに現在の起床時間は5時半です(基本その後、二度寝しますが・・・)

先日、開催されたJAWS re:Mote 2015 by Okinawaに参加してきました
普段は参加されているメンバーで、もくもくしたりするのですが
今回は他府県の各支部をつないで、リモートで勉強会を行うという新しい試みです
今後このような勉強会が増えてくると沖縄にいる身としてはすごいありがたいです
そしてGCPUG Okinawaでもどんどんパクってやっていきましょう
JAWSUG-Remote

■LTまとめ

・[青森支部]田舎ならt2インスタンスを使いこなせ!
http://www.slideshare.net/biatunky/jaws-remote2015t2

EC2インスタンス1台に様々なアプリ・ミドルウェアを乗せる(田舎あるあるらしい)
1台のt2インスタンスタイプを限界まで使いこなす 的な話
CPUバーストとかは知らなかったので勉強になりました
ビバICDP!!!

・[磐田支部]WorkSpacesを試してみました
http://www.slideshare.net/HidekiItou/jawsug-remote-workspaces

簡単にWidowsのリモートデスクトップ環境が作成出来るサービスの話
実運用する際のCDPや、他サービス(Simple AD、Amazon WorkDocs)との連携方法の説明があって
セキュアな開発環境を用意する開発スタイルの会社にはかなり役に立つはず

・[沖縄支部]AWS Device Farmとログ収集ライブラリPureeを使ってみた
http://www.slideshare.net/shumach217/re-mote

Engineer-BBQ

個人的に大注目だったモバイルテスト自動化サービス
demoは発表者さんが当日まで間に合わなくて見れません(LTのみ)でしたが、サービスのイメージは出来ました
同じ沖縄の方なので、次回以降の勉強会で詳しいことをネチネチ聞いていきたいです
(ちなみに我が社にはA5ランク和牛でBBQしてくれる某取締役がいます)

・[東京]初心者がCLIをやってみた
http://www.slideshare.net/TakeshiWakamatsu1/cli-52443681

黒い画面(Commad Line)で通称紫本をやってみるという趣旨のLTです
最初はしんどいけど、各種APIの動作がManagement Console よりも詳細にイメージ出来て
絶対に役立つと仰られていたのが印象的でした
また、Command Line だとManagement Console のUIが変わっても
手順書をメンテナンスしなくてよいのも利点とのこと

・[高知支部]地方こそチャンス!? AWSとIoT
http://www.slideshare.net/yukihitokataoka/jawsug-remote-2015-awsiot

基本・湿度等を表示するdemoサイトを作成していました
Backendは全てAWSを使っていて、割と簡単にIoTのサービスを作成出来る感じでした

・[北陸支部]超定番サービス Amazon S3 の魅力を再復習
https://speakerdeck.com/aibax/we-love-s3

AWSの中の方なのか?と一瞬疑うくらい、S3についての丁寧に情報がまとめてあり
気づかなかった機能アップデートが何個かあったので
一度時間を取ってS3の機能を使い倒してみようと思いました
他のサービスも取り上げてやってほしいです
(正直サービスありすぎて、プレスリリースを毎日追っかけるのが大変だったりします・・・)

・[愛媛支部]初心者がAWS × IoTに挑戦してみた
すみません、スライド見つかりませんでした・・・

前述の高知のIoT-demoと似たようなAWSの構成(CDP)でIoTをやってみた話
(Cognito、Kinesis、Lambda、DynamoDB)
初心者がどのあたりでつまずくかの話がありがたかったです
プログラム部分はほぼサンプルソース写経でいけた
だが古いものもあるので気をつけてググるようにとのことでした
IoTの敷居がどんどん下がってきているので自分もやってみようと思わせるLTでした

・[名古屋支部]続:docomoの画像認識APIもAWSだった
http://www.slideshare.net/youheiyamaguchi/jaws-remote-2015-nagoya

docomoの画像認識APIの話
上記サービスのbackendの保守・運用・構成等の詳細を説明していらっしゃいました
かなり考え抜かれた設計思想で
サービス自体のデプロイ・更新等で絶対にミスが起きないかつ
起きても切り戻しが容易な構成でした
Cloudサービスを使用していても、設計がいかに大事かということです
行き当たりばったりで作るのはよくないね・・・。うん。

docomoさんのdevloper向けAPIサービスは
他にもあるのでエンジニアの皆さんはダッシュで登録しましょう

最後に謎のラジオ体操の時間が・・・。名古屋支部だと通例みたいです・・・。
(写真がわかりずらいですね・・)
JAWSUG-Radio

・[特別枠]エバンジェリストの高岡さんの自己紹介
数々の会社を渡り歩き、業務改善を行い、自分の仕事を無くして来た男の話
「ITで仕事を無くす」を地でいく人でした
ITで仕事を無くすってリアルだとなかなか無い・・・。

■感想

・リモートで勉強会について
また今回のRemoteで勉強会するのは今後も是非続けて欲しいと思いました
今後もGCPUGだけではなくJAWS-UGにも継続的に参加していきたいです

・IoTについて
IoTへの敷居が低くなっているの感じた
認証周りやEC2のスケール管理が気になっていたのですが
Cognitoや他のAWSサービスを使用するとNo-EC2でIoTサービスが作成できます
このあたりは様々なサービスが用意されているAWSの利点ですね
ググればどっかしらに事例やサンプルがあるので空いた時間にやってみることにします
IoT関連で何か作ったらブログに書くのでお楽しみに