あけましておめでとうございます。PIALab.取締役のすどうだいじろう(正月太り含む)です。

2188_akeome

本年もより一層、みなさまにWinと笑顔をお届けするよう精進させていただきます。
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

そして2016年よりPIALab.のグルメリポート…略して「ピア食」をはじめます!!
まず第一弾は、沖縄に帰ると食べたくなるアレの美味しいお店を紹介します☆

そう、アレってそう、、、

沖縄そば!!!!!!

スーパーで買って、家で作るのもよいでしょう。こんな感じね。

2188_sobba

そして弊社エンジニアの川上さん、エンジニアなのにノリノリで焼きそば焼きます。

2188_kwkm

そんな沖縄のソウルフード、沖縄そば。
2016年1月の沖縄は25度とかの暑さです。そんな中でも食べたくなるのです。
お店の美味しいやつ。

オススメは宜野湾市嘉数にあります『三丁目の島そば屋』(アメーバブログ

2118_member

ドアを開けたら「いらっしゃいませ!」と元気かつ明るい声。

はいはい沖縄に帰ってきましたよー☆
そして入口を入ってすぐのところに構える食券機。ここでひとつの苦悩が始まります。

…どれにしよう。。。もうね、究極の選択的な迷いが生じるわけです。

2118_syokken

  1. 柔らかく煮こまれた三枚肉(バラ)をシンプルに乗せた「沖縄そば」
  2. 三枚肉と、軟骨までトロトロのソーキ(スペアリブ)が乗った「島そば」
  3. トロトロのソーキを炙って香ばしさ満載、かつ旨味が凝縮された「炙り軟骨ソーキそば」
  4. サッと茹でた県産の豚肉と、これまた県産のアーサ(あおさ)で磯の香りがふわっと広がる「アーサそば」

今回選ぶのは、お店の看板メニューである「島そば(並)」790円ヽ(=´▽`=)ノ
三枚肉もソーキもいただける、お得感満載なメニューです☆

待っていたら、島そばが到着します。
このお店では、そばに小さいじゅーしー(炊き込みご飯)小鉢がついています☆

2118_sobaall

透明感のあるスープはあっさりとしたカツオ風味。さらに昆布、煮干し、野菜の旨味が広がります。
上に三枚肉、ソーキ、かまぼこ、小ねぎ、そしてありがたいのが針生姜☆僕好み!

2118_sobaup

麺はモチモチ感とコシを出すために生麺を使っていて、そして太麺・細麺・乱切り麺の3種類を混ぜることで、面白い食感が生まれます。

2118_eating

少し硬めに茹でた麺をすすると、3種類の麺のそれぞれの表情が頭角を現してきます。やるな、こいつら…。

2118_sanmai

三枚肉は箸で切れる柔らかさ。切らないけどね!かじるけどね!!

2118_jc

そしてちょいちょいじゅーしーをいただきつつ(これもダシがきいてて絶品!)

2118_soki

軟骨ソーキ、君がこんなにトロトロになるまで、一体どんな歴史を歩んできたのか。実に興味深い。

2118_krgs

そして一通り嗜んだあと、こいつを投入するんです。コーレーグース!
島とうがらしのカプサイシンとジヒドロカプサイシンが、泡盛によって進化するんです。
この子をスープにさっと投入してあげると、風味と香りが変化します。

2118_krgs

そして完食!!しあわせヽ(=´▽`=)ノ ごちそうさまでした☆

IMG_0838

GoogleCloudPlatformが知らぬ間に機能追加してた時の衝撃に近いものが、ここにはあります。
宜野湾市に居てくれて、ありがとうございます。

沖縄そばは、地域やお店によってスープや麺の形状がバラエティに富んでいます。
年末年始に食べ過ぎてもたれ気味の胃に、あっさりカツオだしの「三丁目の島そば屋」は癒やしを与えてくれるでしょう。

IMG_0849

食べに行きたいな。三丁目の島そば屋さん。
(撮影、去年でした。)

三丁目の島そば屋
[ 住 所 ] 沖縄県宜野湾市嘉数3-10-1 ホワイトパピヨン里101 ※嘉数高台公園前にあります
[ 営業時間 ] 11:00~(※売り切れ次第終了)
[ 定休日 ] 年中無休
[ TEL ] 098-963-9392
[URL] http://ameblo.jp/shimasobaya/

…というわけで、PIALab.オススメの美味しいお店をこれから紹介していきたいと思います。

 

そんなPIALab.を、本年もよろしくお願いいたします☆